oya_book
注文していた「親ブック」届きました。

親とコミュニケーションをとりながら、意外としらない親の姿に出会えたり、
普段の会話もより楽しくなると思います。

早く知っていたら・・・
自分の両親とも、一緒に書き込んでみたかったです。

親ブックサイト by CAREPOTより引用させていただきます。

親ブックとは?
親の生活スタイル、趣味・こだわりなどを、子供や介護者と一緒に書き込める高齢者と家族の新しいコミュニケーションツールです。
「くらし」や「カルチャー」、「食」など様々な観点から書き込めるのが特徴です。
書けるところから始められるように、カテゴリーごとに分類しており、また初級・中級・上級の3段階になっているので、それぞれのペースで書き進めていけます。初級は親の日常生活や健康を把握することができ、中級では親の思い出を写真やエピーソードを綴りアルバムとして残すことができます。上級では親の好みやこだわりを知ることにより親孝行につながったり、キッカケになったりします。