タイトルが家族にとても不評だったのですが、自分史の資料を集める方法がいろいろと掲載されており、とても参考になります。著者が写真家ということで写真の扱い方、保存の仕方など詳しく書いてあります。