先般お手伝いさせていただいた自分史作品の中に「祝詞(のりと)」を掲載しました。

 「祝詞とは、祭典に奉仕する神職が神様に奏上する言葉であり、その内容は神饌・幣帛(へいはく)を供えて、御神徳に対する称辞(たたえごと)を奏し、新たな恩頼(みたまのふゆ)を祈願するというのが一般的な形といえます。」とあります。

(神社本庁のホームページより引用)

 著者のお父様は地域にお茶を導入し、一大産地に育て上げ、愛媛の茶業に多大な貢献をされた方でした。その製茶場に胸像を建立した時の除幕式に奏上された祝詞でした。

 著者は神主さんから祝詞を見せていただき、原稿用紙に書き写して、長年大切に保管していらっしゃいました。その原稿を自分史作品の中に、記念に掲載したのです。

 掲載するかどうかとても迷っておられたので、一度私が持ち帰り、内容についてよく見ましょうということになり持ち帰りました。

 実は祝詞をじっくり読むのは初めてのことでした。

 これまで生活の節目、節目に神社に参拝し、お祓いをしていただいていましたが、祝詞についてあまり深く考えたことはなく、仏教のお経(お釈迦様の教え)のようなものと考えていました。

 しかし、言葉を一つ一つ調べながら読んでみると、お経とは全くちがいました。神社本庁のホームページの紹介にもある通り、教えというよりは神様を称え、自分の願いごとを伝える荘厳な言葉だと感じました。

 持ち帰った祝詞を見ると、最初に神様を称える言葉で始まり、お父様が茶業に素晴らしい貢献をされたこと、お披露目する胸像はどこのだれが製作したもので、今日(日付)は誰が集まってお祝いしているか、そして今後は誰が引き継いでいくのかという報告の後、会社や製茶業界の末永い発展を願うという内容でした。

 この内容をみれば、後々の子孫に、誰の胸像で、どんな功績があって、いつ、どういう願いがあって建立されたか、ということを事実としてしっかり伝えることができます。このことを著者に説明したところ、とても喜んで、祝詞の掲載をお決めになりました。

 祝詞というのはお祓いの儀式や各種式典で奏上され、耳にすることはあってもなかなか見る、読む機会は無いと思います。

 今回初めて祝詞を目で見て読むことができました。普段見慣れない言葉はありますが、意味を知れば、特段難しいことを言っているわけではないことがわかります。また、内容にはその時の事実が記録されており、過去の出来事を知ることができる大切な歴史資料だと思いました。

 今後機会があれば、じっくり耳を澄まして祝詞を聴いてみてはいかがでしょうか。