2016年の「新居浜市高齢者生きがい創出事業」の委託を受けて開催した、「新居浜自分史の会」を受講された方からご連絡があり、半年ほど自分史作品作りのお手伝いをさせていただきました。

その作品が、先日出来上がりました。
タイトルは『愛しき日々』
kawa_011

以前に出版した小冊子2冊と、その後執筆した作品を合わせて、1冊にまとめたこの作品は、著者の集大成とも言える作品です。

微力ながら、お手伝いさせていただき、「あとがき」も書かせていただきました。
kawa_03

半年間一緒に作り上げた作品は、とても愛おしく、思わず完成品をハグしてしまいました。

著者の90歳の女性にはなおさらのことです。
差し上げる時に1冊、1冊を入れるふくさ型のカバーを作り始めていらっしゃいます。
kawa_04

kawa_05

「これ(本を入れるふくさ)を作るのが、毎日忙しくて」
と、おっしゃるその笑顔は、とても嬉しそうで、本当に形になってよかったなぁと思える瞬間でした。

もっと素晴らしいのは、次はこういう作品を作りたいという構想を持っていらっしゃって、意欲的に取り組もうとしている姿です。
「その時は、またお世話になります」という言葉もいただきました。

講座から、ご縁がつながり、今回の作品につながったことを本当にうれしく思います。

—————————————————