川島なお美さんが亡くなりました。余命は知らされておらず、抗がん剤治療は拒否、民間療法を行っていて、最後まで自分らしく生活して亡くなって・・・ネットニュースで読みました。
真実かどうかは別として、その最後は7年前亡くなった自分の母にとても似ています。

母は大腸がんでした。
最初に見つかって手術をしてから数年後、再発しました。
再度の手術をしましたが、がんが取りきれず、リンパ節への転移も見られました。それから放射線治療、抗がん剤治療を受けていきましたが、ひどい倦怠感、吐き気、発熱、体重減少・・・本人も、見ている方もとてもつらい治療でした。
最後は自分で「このままだと、治療で死んでしまう。もう抗がん剤治療は受けない。」と決めて、抗がん剤治療をやめました。

担当の先生からは「抗がん剤治療をやめたら、余命半年です。」と宣告を受けましたが、治療をやめて自分らしい生活を取り戻そうとする母にどうしても伝えられませんでした。

その後、自分でホスピスを選び、そこに移り、体調の良い時は、出かけたり、自宅へ帰るという生活を続けました。

でも、先生がおっしゃったとおり半年が近づくと、どんどん衰弱していってしまい、自分では動ける状態ではなくなってしまいました。
そんな母の最期の望みは「絶対に家で死にたいから、連れて帰って。自分がお義父さんを自宅で看取ったときのように、最後はありがとうって言って死にたい。」でした。

そうして、亡くなる2日前に自宅へ連れて帰ることができました。
最後は、みんなに囲まれて、穏やかな顔で天国へと旅立ちました。自分らしい最後を迎えるために、治療を拒否することも一つの選択肢なのだと思いました。

そして、こんなにも自宅での看取りにこだわったのは、その前年に亡くなった父(夫)を最後に家に連れて帰ることができずに悔やんでいた、私たち子供の無念さや申し訳なさを、母を自宅で看取ることで、「お父さんにはしてあげられなかったけど、お母さんはしっかり自宅で送ることができた。」と思わせてくれ、気持ちの上で、救ってあげる行動だったのではないかと今は思えます。

父を病院で看取り、母を自宅で看取る。
それぞれの最後にはいろいろな覚悟や、思いがあるのだと思います。