自分史のいろはホームページ、ブログをご覧いただきありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、本日のテーマ、「自分史年表」について。

「自分史年表」は自分史づくりの第一歩として、人生をふり返ることができる非常にすばらしいツールです。

自分史活用アドバイザー認定講座でも、私自身が開講する講座でも、まず最初のワークとして人生のふり返りを目的として、受講生のみなさんに「自分史年表」を作成していただきます。短時間のワークの中で人生全体をざっくりとふり返ることができます。

このすばらしい「自分史年表」ですが、少し書きにくさを感じることは否めません。
一番の書きにくさは、やはり年の区切りと、4月始まりという年度の区切りが一致していないということでしょう。
日本では入学や進級、卒業、就職など人生の節目は、一般的に4月であり、「年度」というサイクルで社会全体が動いています(そうでない場合もありますが)。それを年表に当てはめようとすると、西暦、和暦、自分の年齢、学年等を一致させるのに少々苦労してしまい、書きにくさを感じてしまいます。

そこで、私は、講座などで短時間に人生全体をふり返ってもらう場合には「自分史年表」を使いますが、少し書きにくさを感じる方や、じっくりふり返ってみたいという方には、「自分史表」をご紹介しています。私自身、自分史づくりの材料、ライフログとして「自分史表」を作成しています。

「自分史表」はエクセルで作成し、パソコン作業の合間に思い出したことを入力しています。月ごとに1つのセル、1シートに12ヶ月×10年分(120行)、そして、人生100年時代ということで10シートを1ブック(=「自分史表」)としています。

月ごとにセルがあるので、入学や卒業、就職などとても入力しやすくなります。自分だけではなくて、子供や家族のライフイベントや年齢、学年も入力しやすい。誕生日や命日も。

この「自分史表」が思いがけず役に立ったのは、再就職のための履歴書や職務経歴書を書いたときでした。卒業、入学、就職が何年だったか、資格取得が何年何月だったか、今までの仕事の勤務期間がどれくらいだったか、すぐにわかります。

また、子育てがひと段落してこれから再就職しようと考えている主婦の方や、エクセルの練習をしてみたいシニアの方々が、パソコンの練習をするための題材としても、エクセルでの「自分史表」づくりは適しているのではないでしょうか。

「自分史年表」に書きにくさを感じたら、「自分史表」はいかがでしょう?
これが、なかなか便利です。

06_geppyou