先日、岡山自分史の会主催の、自分史勉強会に参加させていただきました。

今回、新メンバーのフレッシュな顔ぶれがそろいました。そこで、先輩アドバイザーとして講師の依頼・・・。
先輩と言っても、年齢と、アドバイザー歴だけの私ですが。
迷いました。
が、何事も経験と、お引き受けしました。

40分の講座。
題して
Where there is a will, there is a wall !!! ~意志あるところに壁は立ちはだかる~」

自分史活用アドバイザーになってからの2年と数カ月の間に、私がぶつかった数々の壁について、経験したこと、感じたこと、学んだこと、凹んだこと、落ち込んだこと、打ちひしがれたこと・・・

みなさん、とても熱心に聞いて下さいました。
まるでしくじり先生のようでした。

話したことで、すっきりしたり、励ましの言葉をいただいたり、参考になるとおっしゃっていただいたり、講師を引き受けて良かったと思うことができました。

私にとっては、いろいろなことが「障壁」に思えて、「wall」と使いましたが、自分史活用マスターの久本氏に「課題ね」とおっしゃっていただき、とらえ方を変えることができました。

自分の思いを話すということは大切なことですね。
————————————————