人生の「何か」を記録していたら、もうそれは立派な「自分史」。自由なカタチで「自分史」作りを始めよう!

子育て主婦の宅建学習記⑫

オットの勉強法

目下、国家資格試験5連勝中の、オットの勉強法をちょっぴりご紹介します。
(ちなみに、オットの取得した資格は、甲種危険物取扱者、第一種衛生管理者、高圧ガス製造保安責任者甲種化学、熱エネルギー管理士、公害防止管理者大気です。)

■問題集のバラシ

オットは、試験用に問題集をそろえると、まず一番最初に単元ごとに切り離してばらばらにしてしまいます。これをやると、必要な部分だけ会社に持って行って、休み時間に見ることができるのと、問題を解いた時に、参考書、問題集、解答・解説を横に並べて勉強がしやすく、時間の節約にもなるそうです。
私には新しい本をバラスなんてちょっとできませんでした(問題集はオークションに出そうと思っていたし・・・)。ただ、「ズバ予想宅建塾模試編」は一回分ずつ問題と解答・解説をばらして、やりました。問題と解答・解説を並べて復習できるのは本当に便利でした。効率もいいし、すごくおすすめです。

■過去問、過去問

オットは参考書を最初のページから読むようなことはしないそうです。(オットいわく時間がもったいないそうです。)
オットの受ける試験は、何科目かに分かれていて、難しくて、試験範囲もひろいらしく、とにかく
・過去問を解きながら、傾向をつかんで、関連知識をつけていく。
・参考書は弱点の補強のために活用する
・試験までに過去問(最低3年分)を3回繰り返す
ことが、究極の勉強法だとオットは申しております。
試験に連敗していたころは、参考書の頭から勉強を始めていたそうです。
私も今回は、基本書にあまりこだわらす、過去問中心で勉強を進めました。
二人の共通意見、「大学受験の時に、こんなふうに勉強してたら、もっとレベルの高いとこに行けてたかもね・・・。そしたら私たち出会ってなかった!?」(笑)

■学習計画を立てる

試験の3ヶ月くらい前(集中を持続できる最大の期間)に、試験日までのカレンダーを作成して、学習する予定の項目や問題を書いておきます。土日は少し余裕を持たせておいて、一週間の遅れを取り戻せるようにしておきます。あとは、予定通りに学習を進められるように日々がんばります。

■朝型の勉強

オットのおすすめは、朝型の勉強です。
会社で疲れた頭では、夜勉強しても効率も悪く、身につかないそうです。オットは試験勉強を始めると、11時半頃には寝て、朝4時半頃に起きて、おめざを食べて、7時頃まで勉強します。
頭もすっきりして、静かで、勉強がとてもはかどるそうです。オットいわく、一番最初、朝型の勉強に慣れるのには2週間くらいくらいはかかったそうです。

私にも朝方を強くすすめてくれましたが、子どもは起きてきてぐずるし、眠くて眠くて頭はぼーっとするしできませんでした。私は夜型です。主婦は、朝は何かと気ぜわしいし、昼間そう頭を使うわけでもないので、子どもを寝かしつけてから、きりのいいところまでできる夜型のほうがいいような気がします。

■図書館で勉強

オットは試験前の休みはたいてい、図書館(科学博物館に付属した小さな図書館)で勉強します。受験生向けの雰囲気で勉強がはかどるそうです。

■耳栓のすすめ

オットは土日に家で勉強する時は、耳栓を使っています。ティッシュをつめるとかではなくて、本物の耳栓です。スポンジでできていて、小さく丸めて耳に入れると、中で広がって栓になります。ホームセンターで売っています。集中して勉強ができるそうです。
私もやってみましたが、異物感に慣れなくて、使いませんでした。それに、。勉強していても、外で遊ぶ子どもの声や、来客の音は聞こえていないと困るので。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
子育て主婦の宅建学習記
<おしまい>
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

PAGETOP
Copyright © 自分史のいろは All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.