人生の「何か」を記録していたら、もうそれは立派な「自分史」。自由なカタチで「自分史」作りを始めよう!

子育て主婦の宅建学習記②

まず初めにやったこと、それは情報収集

宅建のことについては全くの素人だったので、まずは情報収集を始めました。
やはり家計をあずかる主婦ですのでお金をかけたくない!という気持ちと、内容によっては受験しないという可能性も捨てきれず、タダで、またはできるだけ費用をかけずに、宅建についての情報を集めることにしました。

①インターネットで検索

「宅建」、または「宅建」と「試験」、「資格」などの言葉を組み合わせて検索すると膨大な量の情報を得ることができます。専門学校のサイトや、個人のサイトなどです。
まずは夜な夜なネットサーフィンをしました。

②インターネット掲示板の活用
まだ準備の段階なので、わからない用語にはあまりこだわらず、どんどん情報収集を進めました。後になって理解できることが多いです。
もし、どうしても知りたいことがあれば、各サイトにある掲示板やメールを活用しましょう。過去の掲示板の内容を検索すれば、似たような疑問や質問をしている人はかなりいるはずです。

また、自分で質問してみるのもよいのでしょう。掲示板で仲間を見つけて、励ましあいながら、受験を乗り切る方もいらっしゃるようです。が、かなり辛口のアドバイスをくださる方もいるようなので、へこんでしまいそうな私はもっぱら掲示板検索の方を利用しました。

今ならブログなどでの情報収集がよさそうですね。

③図書館で情報収集
近くの図書館で「宅建」と名のつく本や、「資格取得」関連の本をできるだけたくさん借りて読みました。だいぶ古い本もありましたが、こと「宅建」に関してはそう変化のあった試験ではありませんし、概要を知るには古い本でも十分でした。

また、私自身は本を読むのが好きで、「本の活字を読む」ことに抵抗はありませんでしたが、最近雑誌ぐらいしか読んでいなかった・・・という方には、この情報収集の段階からパソコン画面ではなく本の活字を追うことをお勧めします。
以下に図書館で借りた本を紹介しますが、ご覧の通り出版年は古いです。

・『あたらしい宅建業免許・登録の手続』 大成出版社 1990.5
・『宅建これがうかる受験術』 ナガセ 1993.3
・『「宅建」合格のノウハウ教えますこれが早道コミック版生活実用ブック』 朝日ソノラマ 1994.1
・『宅建主任資格取得から開業まで』 労働教育センター 1990.6
・『最新資格試験オールガイド見て読んでよくわかる!』 永岡書店 2000.9
・『資格試験オールガイド』 ナツメ社 1999.12
・『資格取得の勉強法 資格に合った学び方と活用法全ノウハウ』 日本能率協会マネジメントセンター 1995.12

④書店で、関連図書を購入
書店に行けば最新の宅建関連、資格関連の書籍がたくさんあります。それを見るのもよいでしょう。気に入った本があれば購入して家でじっくり読むのもよいでしょう。

私は、宅建試験の情報収集のための本は購入しませんでした。インターネットや図書館の活用で十分だったと思います。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
つづく⇒子育て主婦の宅建学習記③
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

PAGETOP
Copyright © 自分史のいろは All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.